2014年4月 1日 (火)

今日から消費税8%

 久しぶりのブログです。

 今日から新年度、そして、消費税8%が始まりました。
今日は13時から「消費税廃止釧路各界連絡会」、15時から「日本共産党」と2つの宣伝をおこないました。
 「各界連」宣伝では署名もおこないました。「店に行ったけど何も買わないできた。もう買い物に行けない」と本当に怒りながら署名をしてくれる人や「もう増税されちゃったから無駄じゃないの」という人でも「このままだと来年は10%にされちゃいますよ」と言うと「そうだよね」と署名をしてくれました。

 くらしも仕事も地域経済もどん底に落とす消費税は、絶対に廃止しなければなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

大雪~みなさん、大丈夫ですか?

 ものすごい雪!
いかに北国とはいえ、今回のドカ雪には まいりました。
 私は 何とか事務所にたどりつきましたが、バスは運休、あちこちで車が雪に埋まり動けなくなっています。

 今日、予定していた日本共産党釧路市議団主催の「カジノ問題を考える市民シンポジウム」も中止になりました。

 雪による事故にも充分 注意が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

風邪に要注意を!

 皆さん、体調は大丈夫でしょうか
私は、インフルエンザだったかもしれない?強烈な風邪で先週ダウンしてしまいました。
「絶対に倒れないと思ってたら、ダウンしたなんて、よっぽど強力な菌だったんだね」と言われてしまいました。

 インフルエンザが猛威をふるっています。
健康管理には、充分に注意しましょうね。(気をつけていても体調を崩すことはありますが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

紙智子参議院議員とのツーショットです

 昨日、日本共産党主催の「JRの安全と市民
生活を考えるシンポジュウム」に参加のため、紙智子参議院議員が秘書と2人で党大会を終えて来釧しました。Dsc00374_7
空港に迎えに行くと「鶴と一緒に写真を撮りたい」という、それこそ「鶴の一声」で、若干の時間的余裕もあったことから私の車で鶴居村の「鶴見台」まで足をのばしました。
そこで写した紙議員とのツーショット写真です。
画面では、鶴が小さく見えますが、実際はかなり近くまで行くことが出来ました。

 憩(になったかな?)の後は、本題のシンポジュウムです。
会場は、何かと話題のJRの問題ということもあり、150名が参加し会場はいっぱいになりました。
紙さんからの報告と、元国労釧路地方本部の方、元JR東海職員で元建交労の方、そして北海道委員会からはたやま和也さんがパネラーとして発言。会場との意見交換も活発におこなわれました。
分割・民営化される前には考えられないような事故の続発。技術上の問題やJRという企業の企業体質にも触れられ、北海道こそJRが必要であり、日本共産党北海道委員会が発表した「6つの緊急提言」も紹介されました。
 私も会議などへ参加するためJRを比較的よく利用します。乗客の1人としても、安全なJR再生を一刻も早くおこなわせなければ、と感じながら時間をはるかにオーバーしての活発な議論がおこなわれたシンポジュウムへの参加でした。

 

 

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

1日早い成人式

 明日は「成人の日」です。
釧路市では、今日「成人式式典」がおこなわれました。
例年と同じく、今年も「民主青年同盟」のチラシを配りました。

 式典は午後2時からですが1時前から会場の市民文化会館周辺は賑やかになります。
色とりどりの華やかな振袖や背広・袴姿の新成人の皆さんたちが集まり始め、送ってきた父さん、母さんたちもニコニコして嬉しそうにわが子の晴れ姿をカメラにおさめています。

 そのまわりは、日本共産党をはじめ、各政党が宣伝やらシール投票などをおこない、おまけに右翼の宣伝カーまで走っています。

 でも、やはり今日の主役は新成人の皆さん、「おめでとうございます」とチラシを渡すとニコッと笑顔で「ありがとうございます」と受け取る姿はとても新鮮に映ります。 大人の仲間入りをされた皆さんたち、誰もが光り輝く社会をつくらないとなりません。
とてもとても寒い日でしたが、1年に1度の華やかな「成人式」

改めて「成人式を迎えた皆さん、おめでとうございます」 Dsc00363_2                                        


写真は式典がおこなわれる会場前で
新成人の皆さんにチラシを配っている

 村上和繁 地区委員長(釧路市議)です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

2014年の幕開けです!

 
 新年 あけましておめでとうございます。

 2014年がスタートしました。と、思ったら 「あっ」という間にもう2日目です。
今年も、釧路市議団との1日「元旦宣伝」からのスタートとなりました。

 2014年は午年です。今年も1年間 積極的にかけまわりたいと思います。
今年もよろしくお願いします!
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

激動の2013年も終わりです。

 2013年もいよいよ終ろうとしています。皆さん、どんな1年だったでしょうか。
7月の参議院選挙や東京都議選などで日本共産党は大きく躍進させていただきました。

 安倍政権は、国民の声を全く聞かずに「秘密保護法」や社会保障削減などを推し進め、靖国神社に参拝し、いまやアメリカからも非難されています。
来年も、4月からは消費税の増税などをおこない、国民のくらしも商売もいっそうメチャメチャにしようとしています。

 でも、いつまでも国民は黙っていません。秘密保護法や原発即時廃炉の声などは、ますます大きくなっています。

 2014年も、1日は釧路市議団と一緒に正月宣伝からスタート!
また、1年間 全力で頑張ります。

 ブログをご覧いただいた皆さん、1年間ありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いします。

 体調に留意して、良い年を迎えましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

安倍政権は国民の声に耳を傾けよ!

 昨日、参議員の特別委員会で「秘密保護法案」が強行採決され、今夜遅くには本会議でも採決をしようとしています。
国会周辺は、怒りの声が渦巻くなかでの採決。安倍政権と与党は、「安保闘争」と同じくらい国民からの声があがっている、と言われているその声にちゃんと耳を傾けるべきではないでしょうか。
私は、今日、抗議と廃案を求める宣伝をおこないましたが、外に出て話を聞いてくれていた女性の方から「私は小学生の時に先生が連れていかれ、そのきり戻って来なかった」という経験をしている。夫も戦争で足を失っている。だから、秘密保護の法案には絶対反対なんです。自分で体験をしているから話を聞いていてもとても実感できるんです。共産党さん、本当に頑張ってください」と励ましていただいたり、大きく手を振っていただいたりしました。

 それにしても、参議院での審議時間も1週間 20時間ほどしかおこなわず強行に今の国会中に成立させてしまおうという姿勢は、本当に暴挙としかいいようがありません。

 今、政治的立場や支持政党の違いを超えて「秘密保護法案」は反対!の声が法案の内容がわかるほどに大きく広がっています。

 日本共産党は各界・各層のあらゆる方々と声を合わせて、日本が戦争する国への体制をつくる「秘密保護法案」は廃案にする取り組みを あきらめずに進めていきます。

 皆さん、一緒に声をあげましょう!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

市民の声は「テロ行為」ではない!

Dsc00350 
 

 写真は「秘密保護法案」の廃案を釧路市民に訴える釧路市議の村上和繁さん(左)と梅津則行さんです。

 自民党の石破幹事長が秘密保護法案に反対する市民のデモを「テロ行為」とブログで批判しました。その後、お詫びと訂正を掲載したようですが、憲法でもちゃんと保障されている表現することの自由を「テロ行為」扱いすること自体が、国民の怒りの声に全く耳を傾けようともしない安倍政権の姿勢のあらわれではないでしょうか。

憲法で保障されている民主主義を根底から覆し、アメリカと一緒に、日本を海外で戦争する国にすることが目的の「秘密保護法案」は必ず廃案にしなければなりません。

 ブログをご覧のみなさん、一緒に声をあげましょう!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

冬じたくの光景がみられるようになりました

 寒くなってきましたね。ストーブが恋しい季節になりました。
先日、鶴居村、標茶町、弟子屈町に行ってきました。鶴居村では「鶴」、標茶町では「鹿」、弟子屈町では「白鳥」が、冬に備えて(?)エサを食べたり、羽を休めたりしていました。
(カメラを忘れ写真がとれなく残念)

 家では、母さんたちが「漬物」を漬けるのに大忙しですよね。それぞれの家庭の味がでる漬物おいしいですよね。(私は漬かったのをいただいてばかりですが)

 日本共産党も来年の党大会にむかって進んでいます。
「魅力たっぷり、味わいたっぷり」の日本共産党~皆さんに知っていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「秘密保護法案」は絶対に許されません